しんまは今日も損切りいいぃwww

FXで大成功してランボルギーニを乗り回したい人生でした。 現在は事業売却を目的にカプセルトイビジネスに注力しています。 メインブログhttp://blog.shinma.tokyo ブログのヘッダーはみるおかさんに作っていただきました。http://www.recomtank.com

LINEpayカードでAmazonショッピングをする際の小ネタ

スポンサーリンク

どうも、しんまです。

当ブログで猛プッシュしている還元率2%のLINEPayカードですが、今回は通販サイト大手のAmazonでの支払いをLINEpayカードで行う場合におすすめな方法をご紹介しようかと思います。


目次

AmazonショッピングではLINEpayカードでの決済をおすすめしない


LINEpayカードはクレジットカードではなくプリペイドカードという扱いですが、ネットショッピングをする場合普通のクレジットカードと同様に支払いは可能です。

もちろん通販サイト大手のAmazonでもLINEpayカードは使用可能。

ですが、Amazonでショッピングをする場合、LINEpayカードで決済をするのはおすすめしません。

その理由としては、LINEpayカードはプリペイドカードのため、支払い1回毎にポイントが付く仕組みだからです。

例えば、990円の買い物をした場合990円のうち90円は切り捨てになり、900円からポイントが給付されます。
つまり90円分損をしてしまうことになります。

これが普通のクレジットカードであれば一ヵ月分の支払額からポイントが給付されるので、プリペイドカードよりポイントの取りこぼしが少なくなります。

「いやいや、LINEpayカードはプリペイドなんだからしょうがいなじゃん!」と思うかもしれませんが、実はLINEpayカードを利用したおすすめなAmazonショッピング方法があるのです。


〇〇を買ってAmazonショッピングをせよ!!


Amazonショッピングにおいて、LINEpayカードでの決済はおすすめしないという話をしました。

じゃあどうすればいいのかというと、LINEpayカードでAmazonギフト券を購入して、そのギフト券で決済をすればいいのです。

前述した通り、普通にLINEpayカードで支払いをした場合ポイントが付くのは100円単位で、端数は切り捨てになります。
ですが、Amazonギフト券であれば端数が出ないように購入することが可能なので無駄がありません。
これならポイントの取りこぼしは完全に0にすることが可能。

ギフト券を買ってポイントが付くのかという疑問がありますが、僕が試してみた結果、ちゃんとポイントは給付されましたのでご安心ください。

f:id:youkenwoiouka:20170624213459j:plain


貯まったポイントをAmazonギフト券に交換するのは無駄


Amazon絡みでついでにもう一つ小ネタを書いておきます。

現在LINEPayカードの決済で貯めたポイントの交換先は以下の7つです。

  1. LINEPay
  2. LINEコイン
  3. nanacoポイント
  4. メトロポイント
  5. Pontaポイント
  6. JALマイレージ
  7. Amazonギフト券


ここで注意したいのが、LINEpay、LINEコイン、JALマイレージにポイントを交換する場合には手数料が発生しませんが、そのほかの4つは手数料10%が発生してしまいます。

よって、特別な理由がなければポイントはLINEpayの残高に反映させるのが得策です。

つまり何が言いたいかというと、ポイントをAmazonギフト券に交換すると10%の手数料を取られてしまうので、もしポイントをAmazonギフト券に交換したいなら、まずポイントをLINEpayの残高に反映させてから、そのポイントでAmazonギフト券を購入すれば手数料が発生しないどころか購入額に応じてさらにポイントが付くということです。

なのでくれぐれも貯まったポイントをそのままAmazonギフト券と交換してしまわないように!
以上、LINEpayカードでAmazonショッピングをする際の小ネタ...でした。