読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

しんまは今日も損切りいいぃwww

FXで大成功してランボルギーニを乗り回したい人生でした。 現在は事業売却を目的にカプセルトイビジネスに注力しています。 メインブログhttp://blog.shinma.tokyo ブログのヘッダーはみるおかさんに作っていただきました。http://www.recomtank.com

ユーチューバーの間で大人気!?1000円自販機っていい商売ですよね

スポンサーリンク

最近ユーチューバー界隈でトレンドになりつつあるのが1000円自販機動画。

人気ユーチューバーヒカキンさんを筆頭に、いろいろなユーチューバーが1000円自販機に挑み動画を投稿していますね。


「ニンテンドー3DS」「PSPVita」「音楽プレイヤー?」「Nikonのカメラ」「ワンセグTV」

とても1000円では手に入らないようなアイテムがラインナップされており、もし1000円で3DSが手に入れば大儲けです。

 実際に当たるのかどうかは別として、エンターテインメント性に富んだ自販機なので、ユーチューバー界で流行るのもうなずけますね。


僕だって1000円の投資で3DSが手に入るのであれば、転売するために金をつぎ込みまくるでしょう。

しかし、本当にこれ当たるんですかね?


確かに3DS当たってる人はいるけども・・・


動画を上げているユーチューバーたちの中には、3DSを当てた人を何人か見かけました。



こういう商売に懐疑的な僕としては、「ほんまに当たるんかいな」と穿った見方をしてしまいますが、動画を見る限り本当に当たるようですね。

ニンテンドー3DSの定価価格は1万5000円ほどなので、もし一回で手に入れば1万4000円の儲けですね。

ところが、1000円自販機は本当に当たるのか疑問に思ったヒカルさんというユーチューバーが、売り切れになるまで自販機を回し続けた結果、3DSどころか、ほとんど価値のないゴミみたいな商品しか出てこなかったのです。



4万円突っ込んで3台もの1000円自販機を売り切れにさせたのに当たりは0。
これはクレーム入れてもいいだろっていうレベルでした。

他の方の1000円自販機動画を見てみましたが、3DSが当たる人は少数で、ほとんどの人がゴミみたいな商品をつかまされています。

やっぱり1000円自販機は当たらないんでしょうか?どうなの?(;'∀')


どれぐらいお金つっこっめば当たりが出るの?


普通に考えて3DSが1台1万5000円ですから、1000円で当ててしまえば自販機の業者側は大損してしまいます。

他のハズレ商品の仕入れ代もありますし、最低でも3万ぐらいは突っ込んでくれないと業者側としては採算は合わなそうな感じですね。

この1000円自販機の特徴として、20回で売り切れになるので、1台最大で20回、2万円分までしか突っ込めません。
であるならば、1台を売り切れにしたところで当たりが出るわけないですよね。
最低でも2台を売り切れにするぐらいの資金を用意しておかなければ、3DSはゲットできなさそうです。

実際にヒカルさんは4万つぎ込んで3台の自販機を売り切れにしたにも関わらず、3DSや他の高額商品を当てることはできませんでした。

まあこれらの話は、あくまで業者側が3DSを1万5000円の定価で仕入れていたら、という仮定の話です。
もし特別ルートみたいなのがあり、安く3DSを仕入れられていたら、もう少し3DSが当たる確率も上がるのかもしれません。

自分の父もDSを特別ルートで仕入れてヤフオクで転売していましたからね。


1000円自販機っていい商売ですよね


1000円自販機を運営している株式会社アクティブによれば、1台で一カ月100万円売り上げた例もあると紹介されています。
● 王様の宝箱 大人気1000円自販機 設置いたします!


2015年10月の時点で、全国に400台も展開してるとのことで、1000円自販機の規模のすごさがうかがえます。

なんだかこの1000円自販機ビジネスは、売れ残り商品をうまくパッケージングし、そこそこいいものを混ぜておき、福袋として大量に販売する福袋商法に似ていますね。

「もしかしたら高額なアイテムが手に入るかもしれない」
そんな人間の想像力を利用したうまい商売のやりかたです。

1000円自販機ブームがどれぐらい続くかはわかりませんが、隕石に当たる確率より、宝くじ1等の当たる確率の方が低いと言われてるのにいまだにみんな宝くじを買うわけですから、まだしばらくは1000円自販機は活況かもしれませんね。

儲かるなら僕も1000円自販機ビジネスやってみたいな~。


どうでもいいですがアクティブのHPに、「1000円自販機がTVネットで話題沸騰中」というような宣伝文があり、そこをのリンクをクリックしてみると、モヤモヤさまーずで1000円自販機が紹介されたYouTubeの無断転載動画にたどり着きました。

いや、それは紹介しちゃダメだろ!と、ツッコミを入れざるを得ませんでした(;'∀')

(101)資金ゼロ知識ゼロからの自販機ビジネス (ポプラ新書)

(101)資金ゼロ知識ゼロからの自販機ビジネス (ポプラ新書)