読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

しんまは今日も損切りいいぃwww

FXで大成功してランボルギーニを乗り回したい人生でした。 現在は事業売却を目的にカプセルトイビジネスに注力しています。 メインブログhttp://blog.shinma.tokyo ブログのヘッダーはみるおかさんに作っていただきました。http://www.recomtank.com

雇用統計結果が良くてもドル円が売られるの巻

相場観 トレード日記
スポンサーリンク

昨日は、日中バイトで夜はオフ会というスケジュールだったので記事を更新するタイミングがなく、このブログを開設して以来初めて更新することができませんでした。

というわけで一日ズレて昨日のドル円相場の振り返りでございます。

 

昨日は米雇用統計。

それで結果がというと、

 

6月雇用統計

非農業部門雇用者数 結果:28.7万人 予想:18.0万人

失業率 結果:4.9% 予想:4.8%

 

 

 予想値を上回りました。

この結果を受けて、ドル円は一時101,263まで上昇。強い結果を望んていた僕としては理想通りの展開でした。

 

が、その後ドル円は崩れます。

先週から続いていたように、戻り売りが優勢となりドル円の頭が重くなり始め、米利回が低下に転ずると更にドル円は下に落ちていきました。101円を割り込みズルズル下落し、なんと7日につけた安値100,202を突破。そこからストップロスがかかり一気に99,998まで安値更新。

米雇用統計結果は良かったのにまさかの100円割れという展開となりました。

その後はショートカバーが入り100,884まで値を戻し、引値は100,40台でした。

 

雇用統計の結果がよくても、円高の流れは変わらないどころか、むしろ円高が加速する流れになってしまいましたね。元々上がりにくい地合いなので仕方ありませんが。

流石にドル円が100円を割り込めば介入があるのでは?という意見が少なからずありますが、自分は介入はまずないだろうと踏んでいます。

イギリスショック時にドル円が106円の高値から98,99まで下落したのに、日本政府は為替にノーコメントを貫き、何も対応しませんでした。その事実から読み取っていくと、日本が介入を行うハードルは非常に高いのだろうと考えられます。

 

さて、ドル円が100円を割ってしまったわけですが、これで週明けの日経平均はどう動くのか気になるところであります。自分としては所詮スキャルでしかトレードしないので為替がどう動こうが知ったこっちゃないのですが、株に関しては長期投資なので、株価が上がってくれないと困ります。つか、そろそろ上がってほしい。。。年初から日経平均暴落しまくったけどそろそろ下がるの飽きたでしょっていう。

頼みます日経平均。

 

昨日のトレード

 

実は冒頭でも書いた通り、昨日は中々ハードなスケジュールでしてトレードする時間を捻出するのに苦労しました。とりあえずいつもどおり仲値でドル円を売りました。

100,905,100,921,100,932、3ショット売り玉を撃って100,906で買い戻しというオペレーション。その後もドタバタとスキャルして朝の時点でトータル+10銭。

そして午後13時に日経平均が崩れはじめるとドル円も下落。そこで逆張りしてドル円を買ってしまったのが運の尽き。見事爆死して一気にマイナス33銭に転落。悔やまれるミストレード。時間がないながらも着実に収益を出していたのですが、逆張りで大きくやられマイナスになってしまいました。

14時に入ると市場がショートに傾いていたことを確認し、逆張りでドル円を買って+11銭取って、トータル-22銭。

このまま週末を迎えるのは嫌だったので、夜にドル円が100円を割り、その後ショートカバーしたタイミングで戻り売りを仕掛けました。オフ会帰りの電車の中での戦いでした。

これが功を奏し、8銭もぎ取ることに成功。トータルでプラスにすることはできませんでしたが、-14銭という小さな負けで終わることができたのでまあよかったかなと。

来週も頑張ります。

(為替はどうでもいいので頼むから日経平均上がってください)