読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

しんまは今日も損切りいいぃwww

FXで大成功してランボルギーニを乗り回したい人生でした。 現在は事業売却を目的にカプセルトイビジネスに注力しています。 メインブログhttp://blog.shinma.tokyo ブログのヘッダーはみるおかさんに作っていただきました。http://www.recomtank.com

今日もドル円の方向感がよくわかりませんでした

トレード日記 相場観
スポンサーリンク

う〜ん。今日のドル円相場もよくわからない動きでしたね。102円を中心としたレンジで方向感はありませんでした。

 

fxshinma.hatenablog.com

 

 どっちかといえばドル円は買いが強いと記事に書きましたが、それを象徴するかのように、今日の早朝103円台に乗せ、103,024まで高値を更新しました。お、とうとう104円台くるのかなと思ったら、その後すぐに103円が割れ102,80まで下落。とはいえ、朝の時点で103円乗せたわけですから、今日は上値アタックするのではと考え、買いのイメージで見ていたのですが、徐々に上値が重くなり9時台には102,60台まで下落。

東京時間に入ってからドル円が弱くなるという昨日と全く同じ動きでしたね。

 

今日は五十日でもあったので、仲値でドル円が跳ねたら売ろうと考えました。イメージ通り仲値でドル円は上昇。102,80台後半まで値を上げました。引きつけて102,875で売り102,809で買い戻しというトレードをしました。

しかし、仲値で値を上げてからは途端にボラリティが低下してしまい、つまらない相場にシフト。スキャルで8回転したものの、値動きがなさすぎたので大した収益には繋がりませんでした。

 

一時102,494まで売られる局面もありましたが、基本は102,50〜102,80のレンジで揉み合いを続けているという状況。東京時間が終了して、ロンドン時間、NY時間に突入しても、上にアタックする動きを見せるのですが、102,90前半では戻り売りが強く、中々上がり切りませんでした。

自分のイメージとしては、NY時間に入ったら一回くらい103円台にアタックするのではと見ていたのですが、予想以上に戻り売りが強く上値が重たいという展開。

なんだか肩透かしを喰らった気分です。

 

今日1日の相場を振り返って思ったのは、やっぱりどこか方向感に欠けて、102円台を中心としたレンジが続いている暇な相場だなーということでした。

相場観をつかむために、波乗りスキャルをして一応収益は出ましたが、別にやる必要はなかったかもしれませんね。 

 

つまらない相場ではありますが、24日のイギリスショックでドル円は一時98円まで突っ込み、リバウンドした際の戻り高値が103,20なので、103,20を超えてきたら買いの勢いが強くなるかもしれません。一応まだ戻り売り目線ではありますが、103,20のレートには注意しておきたいですね。