読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

しんまは今日も損切りいいぃwww

FXで大成功してランボルギーニを乗り回したい人生でした。 現在は事業売却を目的にカプセルトイビジネスに注力しています。 メインブログhttp://blog.shinma.tokyo ブログのヘッダーはみるおかさんに作っていただきました。http://www.recomtank.com

相場は賭場じゃない!7億稼いだのに最後は退場してしまう当然な理由

スポンサーリンク

 自身の不祥事ですっかり表舞台から消えた押尾学さんですが、なんと情報教材の広告塔として復活していました。

 

f:id:youkenwoiouka:20160615154728j:plain

押尾学完全特集

 

セールスレターを見る限り内容はFXのスキャルピングみたいな手法でしょう。パソコンをワンクリックするだけで300万儲かるという景気の良い宣伝文が目につきますね。

 押尾学さんは言うまでもなく知名度が高い方ですから、この商材は相当売れるんじゃないかと思います。

投資業界にはこういう商材が腐るほどあります。しかし、本当に投資で利益を出したいと考えるのであれば、こういった商材を買うべきではないと僕は思います。

確かに商材の中には革命的な勝率が高い手法もあるのかもしれません。ですが、トレードで勝つために大事なのはそういったことではないと思うのです。

 

手法なんてどうでもいい

 

元も子もないことを言いますが、ハッキリ言って手法なんてどうでもいいと僕は思っています。どんな革命的な手法を使おうと、負ける人は負けるし、勝つ人は勝つだけで、その手法次第でその人の成績が特段よくなったりはしないと思います。手法を使うのは人ですから、その人が下手ならいくら勝率が高くても負けるし、逆に言えば、クソみたいな手法でもその手法を使うのが上手い人であれば一定の利益を確保できると思います。

 

トレードで勝敗を分けるのは手法ではなく、その人自身の技術なのです。

いくら素晴らしい手法を紹介してる教材を買おうが、負ける人は負け続けるだけなのです。 

 

大事なのは損切りと資金管理

 

勝つのは技術がある人と曖昧な言い方をしましたが、具体的に言うと「資金管理」「損切り」ができる人が市場という冷酷な世界で勝ち残れる人なのです。これが投資の真理だと思います。

 

なんでそう言い切れるかと言うと、相場の世界で退場する人間のほとんどが「損切り」と「資金管理」ができないがために死んでいくからです。これは例外なくそうです。「損切り」と「資金管理」ができないのに勝ち続けている人を僕は知りません。

 

自分の予想と逆に動いたなら有無を言わずポジションを切る。証拠金が50万なのにワントレードで50万全てぶちこんだりしない。1日の損失は何%までと決める。こういった自己管理ができずしてどうして勝てると言えるのでしょうか。

 

資金は相場で戦う上での実弾のようなものです。その弾の管理ができないようでは、いくら勝てる手法を採用したところで、最後の最後では弾切れを起こして負けてしまうのです。

世の中には万能の手法なんて存在しない以上、「損切り」と「資金管理」は何よりも大事なのです。

 

相場は賭場ではない

 

「損切り」と「資金管理」ができないのであれば、どんなにうまくやっても勝てるトレーダーにはなれません。この二つができないなら投資に手を出さないことを強くお勧めします。絶対にうまくいくはずありませんから。

 

かつて株式投資で資金を7億にまで増やした両津という男がいました。しかしその人もやっぱり「損切り」と「資金管理」ができなかったので、結局最後には大負けして退場してしまいます。

 

 

両津さんは何度も億っては最後に大負けして退場しています。確かに何度も億れるということは、それだけ利益が見込める手法をお使いなんだとは思いますが、結局投資をする上で一番大事な「損切り」と「資金管理」ができないため、勝ち続けることができていないのです。

相場を完全なギャンブルとして楽しむのであればいいのですが、トレードとして継続的に利益を上げていきたいならきちんと自分の弾を管理すべきです。