しんまは今日も損切りいいぃwww

FXで大成功してランボルギーニを乗り回したい人生でした。 現在は事業売却を目的にカプセルトイビジネスに注力しています。 メインブログhttp://blog.shinma.tokyo ブログのヘッダーはみるおかさんに作っていただきました。http://www.recomtank.com

今の為替相場は流動性が低いから危険です

スポンサーリンク

イギリスのEU離脱か残留かの投票が23日に控えています。

そのため、イベントリスクを避けるべく徐々にマーケットのポジションが減っています。ちょっとしたニュースや仕掛けで相場が大きく動いてしまうので、あまりトレードする地合いとは言えません。特に最近突然の急騰や急落が目につきます。

 

 

fxshinma.hatenablog.com

fxshinma.hatenablog.com

 

こういった動きをするのは、流動性が低下している証明だといえます。

今日も自分はトレードをしていたのですが、この流動性の低さに見事やられました。ドル円を戻り売りで回転させていたのですが、105,80で売ったら一気に106,09まで噴き上がりすっ高値で切らされ全力で被弾。20銭以上の損切りを喰らい今日の収益を全て吹っ飛ばすことに(苦笑)公的年金の買いでも入ったのかと思いましたが理由は不明。なんにしても、流動性が低いからこそちょっとした材料で急騰、急落をするのです。

ちなみですが、あまりにも当然の急騰だったので損切りが遅れてしまい106,05で損切りさせられる羽目になったのですが、僕が損切りするとスルスル下に落ちていき、なんと105,70台まで戻しました。切らずに持ってれば助かるどころか利益出てました。

この値動きを見た時腹が立ちすぎて、スマホの画面を叩き割りそうになりましたね(笑)

 

ともかく、相場の流動性が著しく低下しているので、この地合いで積極的にトレードするのは危険です。張り切ってトレードすると、今日の僕みたいにちょっとしたことで大火傷を負うので、もしトレードをするならロット数を通常の半分くらいにまで下げてやるべきでしょう。それよかノートレが一番です。

特にポンド円はEU離脱の結果が出るまで触らない方がいいでしょう。一瞬で逆方向に1円動かれたらたまったもんじゃないですからね。