読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

しんまは今日も損切りいいぃwww

FXで大成功してランボルギーニを乗り回したい人生でした。 現在は事業売却を目的にカプセルトイビジネスに注力しています。 メインブログhttp://blog.shinma.tokyo ブログのヘッダーはみるおかさんに作っていただきました。http://www.recomtank.com

トルコリラへの投資が危険な3つの理由を簡単にまとめてみた

スポンサーリンク

以前僕はトルコリラに関する記事を投稿しました。

 


するとなぜかこの記事が「トルコリラ」というワードでGoogleのトップニュースに入り、しばらくの間は、トルコリラと検索すれば僕の記事が一番最初に出てくるというカオスな状況でした。
Googleさんどうなってんすか?(土下座)

トルコリラはリスクが高い通貨ですから、その通貨を買い煽るような記事が検索の一番上にくるのは、正直あまりいいことではありません。記事を書いた筆者として責任を感じます。


僕の記事読んでトルコリラ買って損した人がいるかはわかりませんが、この記事ではトルコリラへの投資が危険な理由を簡単にまとめ、自分の中でバランスをとっておこうかと思います。

1. 地政学的リスク

トルコは地政学的リスクが非常に高い国です。
それは、近年勢力を拡大しているイスラム国が関係してきます。

イスラム国はイスラム国家樹立運動を行う過激派集団で、目的を達成するために頻繁にテロ行為を起こし、大きな国際問題もなっています。
以前イスラム国が、「湯川遥菜」「後藤健二」、2名の日本人を拉致監禁し、最終的に殺害したというセンセーショナルな事件が大々的に報道されたことは記憶に新しいですね。

実はこのイスラム国ですがトルコに対して頻繁にテロ行為を行っているのです。

公安調査庁のデータによれば、トルコでは2016年で合計17件のテロが発生。
この17件のうち、4件がイスラム国によって引き起こされたテロであると報告されています。
● 世界のテロ等発生状況 | 公安調査庁


テロリスクが高いということは治安悪化にもつながりかねないので、投資する上ではかなりの不安材料になります。当然、テロが起こればトルコリラも下落することになります。

年間17件ということは月1回以上テロが起こっている計算ですので、月1回もトルコリラが下落する要因があるというのは、投資案件として見た場合、かなりのマイナスポイントですね。

また、なぜイスラム国はトルコに対して頻繁にテロを起こすかということですが、下記記事ではその理由がわかりやすく解説されていますのでご参照ください。
● ISISはなぜトルコを狙うのか 

 

2. 経常赤字

トルコは軟弱な五ヵ国を示す「フラジャイル5」に選出されるほど、経済は不安定。
年々経常赤字に苦しんでおり、海外からの投資でなんとか支えてきたというのが実情です。

さらにトルコは失業率も高く、2000年に入ってから失業率が急激に拡大しており、これも投資をする上ではマイナス要素です。

また、前述したとおり、トルコでは頻繁にテロが発生しているためお世辞にも治安が良いとは言えません。
治安悪化による消費抑制も念頭に入れておかねばなりません。

3. 取引コストが高い

トルコリラはとてもマイナーな通貨です。それ故、取り扱ってるFX業者は多いとは言えません。

しかもトルコは不安定な国ですからリスクが大きいため、取引コストが他の通貨に比べて格段に高いです。

ドル円であれば1回の取引コストはわずか0.3銭ですが、トルコリラは業者にもよりますが、平均7銭という破格の取引コストです。

つまり、1万通貨投資するといきなり700円FX業者にぶん取られる計算。
たかだか700円程度と思うかもしれませんが、取引回数が増えれば、10回で7000円、20回で1万4000円と、結構な金額になってしまいます。

この取引コストの高さも、トルコリラ投資へのマイナスポイントです。

まあスワップ目当ての長期保有とかでしたら、そこまで気にはならないのかもしれませんが、現状のトルコリラは買われる要因がないので、スワップ目的で買ったとしても為替差損が発生してしまう可能性はかなり高いでしょう。

まとめ


その他のリスク要因としては、政治不安などがありますが、それはまた時間があるときに別記事でくわしくまとめようと思います。(そこに関してあまり知識がないので)

ともかく現状のトルコリラは買われる材料がないに等しいので、スワップ目当てでの長期保有は賢明な戦略とは言えません。

かといって売りエントリーするのも、高い取引コストとスワップの支払いが発生するので、リスクとコストを考えると効率は悪いです。


いかがだったでしょうか?
短いまとめでしたが、トルコはリスクにまみれた国だということが理解できたのではないでしょうか。

1年前の僕はこういった知識が全くなかったので、高い金利に惹かれて投資したら地獄の恐怖を味わいました。
友人もトルコリラに手を出して90万以上のお金を失いました。


トルコリラが高金利なのは、高い金利をつけなきゃ投資を呼び込むことができないからです。
トルコリラのリスクを理解した上で投資をしましょう。
もう僕はトルコリラはこりごりですが(;'∀')

 

トルコのもう一つの顔 (中公新書)

トルコのもう一つの顔 (中公新書)