しんまは今日も損切りいいぃwww

FXで大成功してランボルギーニを乗り回したい人生でした。 現在は事業売却を目的にカプセルトイビジネスに注力しています。 メインブログhttp://blog.shinma.tokyo ブログのヘッダーはみるおかさんに作っていただきました。http://www.recomtank.com

7億円を騙し取った62歳女がタイ人の男に貢ぎ豪遊。悪いことをしてお金を儲けたいという衝動

スポンサーリンク


だいぶ話題に出遅れてしまいましたが、気になったニュースをピックアップ。


容疑者である山辺節子氏62歳は、「大企業のつなぎ融資をしているから出資してくれれば高い利息を支払う」と語り合計で7億円もの金を騙し取ることに成功。

正直こんな話を信じる人がいることに驚きですが、少なくとも50人以上の人が山辺氏の話に乗っかり融資をしました。
そして山辺氏は、その金を交際相手の30代タイ人男性に貢ぎ、家も買ってあげたといいます。


62歳の老婆が30歳も年下の男性と付き合ってるのはなんともインパクトがある話ですが、山辺氏は交際相手に自分は30代と言っていたいうのだからさらに驚きです。

で、今回なぜこんなニュースを取り上げたのかというと、今回の一件のように、悪いことをしてお金を儲ける人たちに、少なからず僕が影響を受けているからです。


以前こんな本を読みました。

仕事師たちの平成裏起業

仕事師たちの平成裏起業

 

 

法律違反スレスレ、もしくは完全に法律違反なビジネスで大金をつかんだ人たちへのインタビューをまとめた本です。
筆者は裏社会に詳しいノンフィクション作家の溝口敦さん。

「ケータイ出会い系サイト」
「架空請求ビジネス」
「競馬予想ソフト」
「裏カジノ経営」

本書は様々な裏ビジネスに切り込んでおり、どのようにビジネスをスタートさせて、どのようにビジネスを拡大していって、どれぐらいの利益が見込めるのか、ということまで詳細に書いています。

本書を読んで学べることは、裏ビジネスを手掛ける人たちは、時代の変化に伴う法律の隙間やニッチ産業を見つけるのが抜群にうまく、圧倒的な行動力があるということです。
そして何より裏ビジネスは儲かる。圧倒的に儲かる。そりゃ法律を気にしなくていいとなれば、普通にやるより儲かるに決まってます。

で、話は最初に戻るのですが、こういう風に悪いことをしてお金を儲ける人たちを見ると、一瞬、自分もそっちの世界に行ってしまいたいという衝動が起こるんですよ。

もし僕がお金に困ってなくて何不自由ない生活をしていたら、悪いことをしてお金を儲けてる人をニュースで見かけようと、気にも留めないでしょうけど、残念ながら今の僕はお金がないです。

お金がないからこそ、「自分も裏ビジネスに手を染めれば大金を手に入れられる・・・」といけない考えが脳裏をよぎってしまうのです。

もちろんどんなに追い詰められようとも、自分は誰かを不幸にして利益を得るようなことは120%しないと言い切れますが、それでもこういうニュースを見ると一瞬心が揺らいでしまうので、自分の人間力の弱さに嫌になるものです。

ま、何があろうと僕は真面目に生きますけどね。今日はそんな雑記でした。

以上、7億円を騙し取った62歳女がタイ人の男に貢ぎ豪遊。悪いことをしてお金を儲けたいという衝動...でした。

悪魔の取引 ある投資詐欺事件のストーリーで学ぶ金融入門

悪魔の取引 ある投資詐欺事件のストーリーで学ぶ金融入門