しんまは今日も損切りいいぃwww

FXで大成功してランボルギーニを乗り回したい人生でした。 現在は事業売却を目的にカプセルトイビジネスに注力しています。 メインブログhttp://blog.shinma.tokyo ブログのヘッダーはみるおかさんに作っていただきました。http://www.recomtank.com

LINEpayカードのチャージをコンビニでするならローソン一択

スポンサーリンク

どうも、しんまです!

可能な限り支払いをLINEpayカードで済ましているので、気づけばポイントが1500ポイント貯まっていました。
ポイントの使い道を特に考えていなかったので何に使おうか迷いますが、普段買わないものや普段利用しないサービスに使いたいものですね。

さて、今回はLINEpayカードのコンビニチャージについてです。

目次

 

コンビニチャージ対応店舗は5つ


LINEpayカードはプリペイドカードですので、LINEpayにチャージしなければ使うことができません。
残高が少なくなってきたらチャージする必要があります。

チャージ方法は、「銀行振込」「Pay-easy」「コンビニチャージ」という3種類の方法がありますが、今回はコンビニチャージについての話なのでコンビニチャージについて書きます。

まずコンビニチャージに対応しているコンビニは次の5つとなります。

ローソン
ミニストップ
ファミリーマート
サークルKサンクス
セイコーマート

セブンイレブン非対応なのが少々ネックですが、それでもほとんどの大手コンビニでチャージ可能です。

LINEpayカードの利用人口が増えれば今後チャージできる店舗が拡大していく可能性はありますが、とりあえず今のところはこの5つのみとなります。


コンビニチャージのやり方はちょっと面倒くさい?


コンビニチャージの基本的なやり方は次の通り。


まずはチャージ金額を決め、LINEpayでコンビニチャージ依頼します。

f:id:youkenwoiouka:20170702085906j:plain



そうすると次の画面に移ります。
これでチャージ依頼は完了。

f:id:youkenwoiouka:20170702085904j:plain



ここで注意したいのが払込期限の項目。
コンビニチャージの場合、チャージ依頼をしてから30分間がチャージできるまでの期限となります。
割りと時間がないので自宅でチャージ依頼をしてコンビニに向かうより、コンビニに行ってからチャージ依頼をしたほうがいいでしょう。

チャージ依頼をしたら、次はチャージ対応しているコンビニに向かいます。

コンビニに着いたら、各コンビニの専用端末で「代金支払い」「各種番号入力」「インターネット受付」のいずれかを選択し、(コンビニによって項目が違う)その後は端末の指示に従い、端末から発行されたレシートをレジに持っていきチャージする金額を現金で支払います。
これでチャージ完了。

ちなみにチャージ限度額は10万円。ローソンの場合だと5万円です。

これがコンビニチャージの手順なのですが、ちょっと面倒くさいですよね。

スマホでチャージ依頼をして、しかも制限時間が30分しかなくて、いちいち端末で打ち込みしなきゃならないのですからね。
そこでこの面倒な作業を省くおすすめの方法があります。


コンビニチャージをするならローソンで!


おすすめの方法と言ってもなんてことはありません。

ローソンでチャージをすればいいのです。


というのも、コンビニチャージをする場合「チャージ依頼」と「端末入力」という作業があるのは説明したとおりですが、何故かローソンだけはその作業がないのです。

ローソンでチャージをする場合は、ローソンのレジに行きLINEpayカードを店員に渡し、チャージ金額を伝えその金額を現金支払いすることでチャージが可能です。

「チャージ依頼」と「端末入力」作業がないので、他のコンビニと比較してローソンでのチャージはめっちゃ楽!

そういうことですので、コンビニチャージをするならローソン一択です。

以上、LINEpayカードのチャージをコンビニでするならローソン一択...でした。